You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州ツアーから帰国しました。

ベルギー、ドイツ、スイスを巡る、
『田中誠司舞踏公演&ワークショップ 欧州ツアー 2017』が無事に終了しました。

今回も、各地で素晴らしい出逢いに恵まれました。

この旅でお世話になったみなさん、僕のなけなしの舞踏にお立ち会いくださり、あたたかい拍手をくださった、たくさんのお客さんたち、心からありがとうございました!僕はとんでもない幸せ者です。

必ずまた、帰ってきます。
それまでしばしのお別れです。

ありがとう。さようなら。

奈良より、愛を込めて。


Seiji Tanaka Butoh performance & workshops Europe tour 2017 ended successfully.

The curtain call that doesn't stop ringing is still left in my body.

Everyone, thank you very much!!
I will definitely come back.

I love you!!!

Godbwye


The schedule of the tour was as follows.

2nd June,2017
Brussels
Title: Mother, Son
Cellule 133a
133a Avenue Ducpétiaux
1060 Brussels


9th June,2017
Düsseldorf
Title: Mother, Son
WELTKUNSTZIMMER


14th June,2017
Basel
Butoh x Free Improvisation performance in Basel

Seiji Tanaka & Jonas Kocher (accordion) & Kazuaki Tsuda (double bass)
Musik Akademie Basel・Jazzcampus


Special Thanks
Bart and Valentina
Quentin Chaveriat
Nozomi Kanda
Yuina Takamizo
Wolfgang Schäfer
Mimura Miu Ryutaro
Satoko Shimizu
Kazuaki Tsuda
Jonas Kocher
Akira Masutani
Hiroko Komiya
Kayo Bandoh

Thank you from the bottom of my heart!!



s_ブリュッセル①編集


ブリュッセル②編集


ブリュッセル③編集


s_ブリュッセル④編集


ブリュッセル⑤編集


ブリュッセル⑥編集


デュッセルドルフ①編集


デュッセルドルフ②編集


デュッセルドルフ③編集


s_デュッセルドルフ④編集


s_デュッセルドルフ⑤編集


s_デュッセルドルフ⑥編集


s_デュッセルドルフ⑦編集


デュッセルドルフ⑧編集


s_デュッセルドルフ⑨編集-2


バーゼル①編集


バーゼル②編集


バーゼル③編集


s_バーゼル⑤編集


スポンサーサイト
スポンサーサイト

Seiji Tanaka Butoh performance & Workshop in Düsseldorf 2017

Seiji Tanaka Butoh performance & Workshop in Düsseldorf 2017

Workshop Thursday 8th June 18-22h
and Saturday 10th June 10-14h
Performance Friday 9th June 20h

Seiji Tanaka
” The deep relationship between body and space "
In this Workshop, we carefully mobilize as much sensitivity as possible into doing simple acts, gestures, so that they become a dance of your essence. Discover how devoted awareness can open up a sacred space.
We'll explore “the way of consciousness" and "the way of the body" before dancing. Come and meet your unknown body.

http://www.weltkunstzimmer.de

reserve and information


s_デュッセルドルフ フライヤー


Seiji Tanaka Butoh performance & Workshop in Brussels 2017

Seiji Tanaka Butoh performance & Workshop in Brussels 2017

2 june ,Performance
4 & 5 june, Workshop

Performance
2 june , 20:00 - 23:00

"Mother, Son" of Seiji Tanaka,
"Memento : la pluie" Quentin Chevariat.

Lieu : Cellule133a
133a Avenue Ducpétiaux
1060 Brussels

Organisé avec l'aide de Poetic Bodies, dans le cadre du workshop de Seiji Tanaka.

Soirée butô : un maître et son élève


"Mother, son" de et par Seiji Tanaka (Japon)

The connection between mother and child is universal and special. It surely begins before the birth of life. In the process of fertilizing, what kind of scenery do sperms swim towards the egg? And, what kind of thoughts would the mother have while waiting for her child's birth?
But being born also risks that it may not be born.
So the world within the womb of a mother until a child is born may be the world where death and life overlap.
This is why we carefully think about the creation and separation of irreplaceable lives. This is the small dance devoted to every mother and her child.


Le lien entre la mère et son enfant est universel et il a de spécial qu'il préexiste à la naissance de la vie. Durant le processus de fertilisation, de quel décor témoigne les spermatozoïdes nageant vers l'ovule? Et quel genre de pensées traverse une mère attendant la naissance de son enfant?
Mais la naissance implique aussi le risque de ne pas naître.
Alors le monde intra-utérin devient, jusqu'à la naissance, le monde où la vie et la mort se chevauchent.
C'est pourquoi nous songeons prudemment à la création et à la séparation de vies irremplaçables.
C'est une courte danse dédiée à chaque mère et son enfant.


"Memento : la pluie", de et par Quentin Chaveriat (Belgique)
http://www.facebook.com/SombreCompagnie

Why « Memento : La Pluie »? Memento is a character who embodies a deep nostalgia felt by those who miss the time when they used to be one with each other, maybe before their own birth, when the accident happened and they split up upon to earth. Memento faces loneliness and fight to find beauty and joy in a desolate world. La Pluie means the rain in French, the rain missed by Memento, surrounded by an opaque winter storm. Memento would need the rain so that the snow would melt and warm his frozen body, but he doesn’t know it yet. He’s afraid of whatever is going on around him and is yearning for some protection. Unexpectedly, he founds an umbrella, lost in the middle of his nowhere.

Pourquoi "Memento : la pluie"? Memento est un personnage qui incarne une profonde nostalgie ressentie par ceux qui regrettent l'époque où ils ne formaient qu'une entité, avant la naissance, lorsque l'accident survient et que l'unité se disperse sur la terre. Memento fait face à la solitude et se bat pour trouver la beauté et la joie dans un monde désolé. Memento est cerné par une tempête de neige opaque. La pluie lui manque, il voudrait qu'elle fasse fondre la neige et qu'elle réchauffe son corps gelé, mais ça, il ne le sait pas encore. Il a peur de ce qui l'entoure et cherche une quelconque protection. Et inopinément, il trouver un parapluie, perdu au milieu de son nulle part.

Entrée : 10 €

Réservations : quentin.chaveriat@gmail.com


Workshop
4 & 5 june,10:00 - 17:00

” The deep relationship between body and space "

In this Workshop, we carefully mobilize as much sensitivity as possible into doing simple acts, gestures, so that they become a dance of your essence. Discover how devoted awareness can open up a sacred space.
We'll explore “the way of consciousness" and "the way of the body" before dancing. Come and meet your unknown body.

4 & 5 june, Brussels
175 euro
Réservations: thepoeticbodies@gmail.com
www.thepoeticbodies.eu


「田中誠司 舞踏ワークショップ in 東京」4月29日(土・祝)、4月30日(日)


Imaginary Cafe ~想像的民族料理店~ Presents
身体ワークショップ 第四十五回


4月29日(土・祝)、4月30日(日)
「田中誠司 舞踏ワークショップ ”肉体と空間との切実なる関係” in 東京」
Seiji Tanaka Butoh workshop in Tokyo. Apr.29, Apr.30 (English below)

「開いて、感じて、溜めていく」
その場を感じ尽くそうとするからだが、空間の中に浮かび、はじめての微細な体験に出会いつづけ、メタモルフォーゼしていく。
このWSでは、所謂踊りの形を習うのではなく、シンプルな行為を出来うるかぎり感受性を総動員して繊細に丁寧に行い、それがその人の本質の踊りとなっていきます。人がほんとうに真摯になると、神聖な空間が立ち上がります。踊ること以前の「意識の在り方」「身体の在り方」を探求するワークです。ぜひ未知なる体に出会ってください。
今回も、すぐに予約が埋まってしまいそうな雰囲気なので、なるべくお早めにご予約下さい。

・4/29(土)
この日は即興に特化したワークショップを少人数で行います。基本的には、田中誠司のWSを一度以上受けたことのある方が対象となりますが、初めてでご興味のある方はご相談ください。
「即興とは、誰も知らない未知なる冒険です。今、この瞬間の連続の中で、空間や他者と確かに出会い、過去と未来を巻き込んで、正気と狂気の狭間で、現実と幻想の狭間で、ただひたすらに自分の命の中に、深く深く降りていく旅です。真剣に楽しみながら、たっぷりじっくり試みましょう。」田中誠司

時間:15:30〜19:30
会場:ギャルリ 雨 (墨田区東墨田3-20-9) 総武線平井駅より15分程度
料金:5000円
定員:6名(要予約)

・4/30(日)
長い時間をかけて、基礎から丁寧にからだと空間に出会っていきます。経験は不問ですので、どなたでもご参加ください。

時間:10:00〜17:00 (Imaginary Cafeによる昼食付き)
※9:45より会場にお入りいただけます。
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
参宮橋駅 徒歩12分
料金:8000円
定員:11名(要予約)

二日間参加の場合は12000円となります。

ご予約は、tanakay@gmail.com (田中庸平)までご連絡ください。

講師:田中誠司
企画:田中庸平 (Imaginary Cafe)

Seiji Tanaka Butoh workshop in Tokyo. Apr.29, Apr.30

“ The deep relationship between body and space”
In this Workshop, we carefully mobilize as much sensitivity as possible into doing simple acts, gestures, so that they become a dance of your essence. Discover how devoted awareness can open up a sacred space. We’ll explore “the way of consciousness” and “ the way of the body “ before dancing. Come and meet your unknown body.

Day1. Advanced class.
Apr.29, 15:30〜19:30, at Gallery Ame (3-20-9, Sumida, Sumida-ku), 5000yen
Day2.
Apr.30, 10:00〜17:00, at Youth Education
National Olympics Memorial Youth Center (3-1, Yoyogikamizono-cho, Shibuya-ku), 8000yen(with lunch)

Reservation tanakay@gmail.com

It became full on Apr.29.
You can still participate on Apr.30.


舞踏は人が人を動かす力

「札幌国際舞踏フェスティバル2017」が無事に終了いたしました。

嬉しい言葉をかけてくださった北海道のあったかいお客さんたち、世界中から集まった素晴らしいダンサーの皆さん、心と体を尽くして支えてくれた最高のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

個人的には、たくさん課題もありますが、公演後には珍しく、今は清々しい気持ちです。
そして、改めて思ったことは、舞踏は人が人を動かす力。命と命が共鳴する奇跡。その場に立ち会えた幸せを胸いっぱいに感じています。

これからまた静かな日々が始まりますが、札幌で受け取った種を奈良の庭で大切に育てていこうと思います。

最後に、北海道で体を張って踊ってきた田仲ハルさん、そのハルさんに惚れて、とんでもないフェスティバルを実現させたプロデューサーの森嶋拓さんに改めて心からの感謝をさせていただきます。
また会える日を楽しみにして。

追記
本番終了後の夜、虫丸さんの部屋にお誘いいただき、美味しいお酒を呑みながら、本当に面白い話をたくさん聞かせてもらいました。気がつくと朝の5時、虫丸さんがおもむろに立ち上がり、台所で焼きそばを作り始めました。ぼくは薄れ行く意識の中で、舞踏以前に、長い人生を生きて来た一人の男の背中に「しっかし元気やなぁ…」と小さく呟いたのでした。


Sapporo International Butoh Festival 2017 finished successfully.
Thank you for everyone. I love you!!
I am looking forward to seeing you again.

s_マザー、サン3

s_マザー、サン2
Photo by Yixtape

« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。