You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

稽古場ノート 2月25日

立つ稽古

眼の中に悲しみが押し寄せてくる。
初めて見た時の、あの上杉さんの眼を思い出す。


私のセンターから、空間のセンターへ向かう意識。


徹底的に腰から下の高さでの稽古

地面に張り付いて、前にある空間を、
引き込んで 引き込んで 引き込んで
耐えて 耐えて 耐えて

バンッ!

ほら、勇気出してね。


東京から持ってきたCDの中に紛れ込んでいた、
大本営陸海軍部発表 ラジオの臨時ニュース
2011年2月の奈良の稽古場に響き渡る。


過去の足跡が今なお生きている。


自分のことばを、自分が聴いてあげる。


『この先、どうなるか分からないものごとに身を委ねることによって、内側から突き動かすものが生じる。』  ピナ・バウシュ


ピナ3





« | HOME |  »