You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

The spirit keeps dancing

大野一雄先生が亡くなられて、もうすぐ一年になる。

先生との思い出はたくさんあるけれど、全てがぼくのキラキラとした大切な宝物です。

あの日、一雄先生とピナ・バウシュさんと出逢えたことによって、どん底にいた、ぼくの人生は変わった。

二人と出逢うまで、踊りなど踊ったこともなかったぼくが、運命の不思議な巡り合わせによって、舞踏家になり、今月は、ピナが暮らし、一雄先生も踊ったデュッセルドルフの舞踏フェスティバルに参加します。

こんな未来は、まったく予想もしなかったことですが、なぜだかとても自然に受け入れている自分がいます。

かつて、ピナは、一雄先生のことをこのように語っています。「私たちは、皆、彼をほんとうに愛し、尊敬しています。 大野さんという人物が、どれほど肯定的な力を他人に与えることができるか、信じられないほどです。」

そう、それはほんとうに信じられないほどです。

そのピナ・バウシュさんも今はもういない。

だけど、

踊りの中では、何度でも逢える。

一雄先生、ピナ、ありがとう。

もうすぐ逢いに行くからね。

黄泉


« | HOME |  »