You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GQ China


雑誌「GQ China」 の人たちが、中国から取材に来てくれました。

これは、ドイツの公演を観てくださった、アートジャーナリストのLico Fangさんが、「GQ China」の舞踏家を紹介する企画に、ぼくの名前を上げくれたことで実現しました。

奈良のスタジオで2時間にも渡るインタビュー。

踊りを始める前の話や、ぼくが感じている舞踏の言葉にならない領域のことまで。 本当に誠実で丁寧な取材に、ぼくのサービス精神に火が付きました。

最後は、白塗りをするところの撮影から始まって、ダンス・ダンス・ダンス!

インタビュアー 「生徒さんはたくさん来ますか?」

ぼく 「近所の人や、母親がたまにやって来ますが、基本はいつも一人でやっています。」

インタビュアー 「孤独ではないですか?」

ぼく 「・・・孤独です。・・・だけど、孤独は、舞踏のタカラモノなんです。」

なんつって・・・、いつも切ないくらいに、誰かが来るのを待っているくせに、またかっこつけちゃった。

掲載は、「GQ China」 10月号です。中国にご旅行の方はぜひご覧くださいませ。


GQ Chaina


スポンサーサイト
スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。