FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古場ノート 7月4日

取り返しのつかない時間の中で踊るんだ。

だけども焦っちゃいけないよ。

限られた時間の中でしっかりと時間をかけること。

落ち着いて
勇気を出して

ちゃんと空間を掴まえて!

バタバタしない!

晒しつづける。
祈りつづける。


切実さを求めてはいけない。
ただ切実なだけでいい。

どういう時にボディは切実さに出会うのか?

切実さを求めてしまうと、頭は「切実」という観念を探してしまう。
「切実」とは、観念ではなく、肉体で感じる血の通った実感のことだ。

やはり、破綻ギリギリのとこまで行かなきゃ。

もっともっと、深く深く降りて行けるよ。

お前が限界だと思った場所が、ようやくスタート地点だ。

空間に対して全力で向かうこと。
しかし、空間を支配しようとしたり、空間と戦ってはいけないよ。

空間に感動すること。

空間を信頼し、自分の目や肉体の中に他者が入って来れるスペースを空けておくこと。

世界や他者に対して、自分の体を晒しつづけながら、自分の魂と肉体を最深部で出会わせること。

繊細な心と体で踊ること。

痛みを隠すなよ。

怒りや悲しさ、不安を隠すな。

全部見せろ
全部晒せ

お前が置き去りにして来たたくさんの思いと一緒に立ち上がるんだ。

血の涙と一緒に

『私が流して来た、全ての涙と一緒に』
『あなたが流して来た、全ての涙と一緒に』

傷つきながら受け取った宝物を、どれだけ持っているかが勝負だよ。

踊るということは世界を体全部で受け止めること。

肉体と精神のギリギリの所で世界と繋がる瞬間を探すこと。

大切なことはやはり、

『関係性の中で自分の本質を捉える』ことである。

同士たち_convert_20140704143325
写真は、奈良に会いに来てくれた踊りを生きる大切な大切な仲間たちと


COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。